WOM クチコミマーケティングの難しさ 

ブログの基本は、悪口は書かない。

ブロガー勉強会のときに、誰かが言っていた。同感。

ブロガーの人たちが、商品をもらったり、この記事を書いてとか頼まれれば、あまり悪く書けないんだろうなぁ。
 
さて、本題。

WOM第1回分科会 参加しての感想

「広告とPRの違い」に、はっと気がつかされた。

大きなポイントは、メッセージの部分、コストの部分。

タダか有料か
広告は有料
広報活動はタダ
そして、その情報を流通発生のために費用

広告
メッセージを自由にコントロールできる

広報
メディアの方で価値がないと感じればボツ
記者がよくないと感じればよく書かれない場合も

広報活動なのか広告活動なのか がポイント
まさしく、その通りだと思う。

雑誌を読むと、たまに、記事なのか広告なのかわからない内容がある。
よく見ると、下の方に「広告」なんてあって、あぁ、これは広告なのかと気づく。
でも、内容は詳しく製品について説明してあって、写真つきで、感想なんかも。
広告だとはわからなかった。
 
あぁ。これは広告なのか・・・。でも、参考になる内容だ。こんな感じだ。
 
今回のブロガーを使ったクチコミマーケティングのポイントはここに近い感じがする。
 
やらせなのか、やらせでないのか。
 
「やらせ」はいけないのだろうか。
やらせだとしても、その記事内容を受け取る側が、それをよいと判断するかしないかの違いなのでは。
 
最初から「提灯ブログですよー」と言ってあれば、それはそれでよいのかも。
 
バズになるかどうかは、わからないけど。
少なくとも、某メーカーのように、炎上にはならないような気がする。
 
「隠す」というところが、突っ込まれるところ。
 
ただ、某メーカーの場合、翌月の売り上げが伸びたというのは興味深い。
 
ネットでの炎上は、商品購買力に影響力があったのかどうか、イマイチわからないけど、少なくとも電気屋さんで買う人たちには、炎上したからといって、商品自身の魅力があれば、あまり関係がないのかもしれない。
 
pay per post
商品プレゼント
すごい魅力的。
そんな中で、ブロガーの人たちが、記事を書くとき、特にその商品が気に入らない場合は悩むんだろうなぁ。改善点などを書けばいいのかな。
 
漢検DSの話は、とても面白かった。
ネットの人間は、ネットで完結しようとしてしまうけれども、漢検DSの場合は、リアルを巻き込んでいく。それに細かいところへの気配り。
そこが大きなポイントだった。

セミナーの内容は、Youtubeなどでアップされるみたい。
 
詳しくはそちらへ。
 
 以下、自分用メモを公開。
============================

【WebSig】WOM第1回分科会 自分用メモ

=====================
websig分科会

第1回IA

エコ&ピース
社会貢献を楽しくやろう
海岸でゴミ拾いよりも
専門スキルを生かした方がよい

WOM分科会
4回目以降 続ければ
今回は講義形式 
対話をしていければ

河野さん

WOM
ワムと呼ぶ
60名
あっという間に埋まってしまった

よくプレゼンしてくれる二人から

なぜ今WOMなのか
毎月最終金曜日 勉強会
10分プレゼン 多い場合6人くらい
YOUTUBE
PDFで公開
USTREAM ライブ中継
継続していくとそのうち見ていくだろう

既に6回
来週金曜日 7回
参加者募集 テーマも募集

3回まではやる
現在は決まっていない

続けていこう

ぜひ続けていきたい

クチコミについて正しく話せる人を増やしていきたい

クチコミがお金になると思っている人たちも増えている
あまり正しくない インターネットのことだけじゃなく、広い視野で話せる人を増やしたい

WOMマーケティングを理解する
河野さん
安藤さん
鵜川さん

WOM発生

===
なぜ今WOMか
広告のクラッター化 広告があふれている
雑誌、テレビ インターネット どこにも広告
だんだんと広告に慣れて、広告を見なくなってきている 感度が鈍くなってきている
広告を信じない
信用していない 聞きやしない

ひとづてのクチコミなら買うかもしれない

WEB2.0のブーム

ウェブ進化論
グーグルマジすごい
「テレビCM崩壊論」
テレビCMなんて効果がないよ

ロングテール広告 個人に関して出せる

テレビCMの効果 視聴者
見ていない人は昔からいた
テレビCMのときはトイレタイム
リモコンはザッピングタイム
もちろんCMをちゃんと見ている人もいた

見ていないという人がブログに書いて、声が見えるようになった
ちょっと広告業界があわてている

テレビでリーチできない人が確実にいる
テレビ捨てちゃった
ドラマの話 通じない人 多々いる
月9 見ていない? ほんの数人

生活者とどうつながっていくべきか
広告と広報 マーケティングとクチコミとの関係

ads of the world
adinovetarで紹介

PR 広告 ブランディング バズの違い

マーケティング
男性が女性に 大好きですよ
自分が言うというところがポイント

PR
ひとづて
メディアを通じて
友達に言ってもらう それを聞いて喜ぶ

広告
とにかく言う
連呼

広告とPRの違い メッセージの部分、コストの部分

タダか有料か
広告は有料
広報活動はタダ

その情報を流通発生のために費用


広告
メッセージを自由にコントロールできる

広報
メディアの方で価値がないと感じればボツ
記者がよくないと感じればよく書かれない場合も

広報活動なのか広告活動なのか がポイント

ブランディング
相手にすりこまれている状態
すでに伝わっている
そして、それが理解されている状態


ではクチコミは
バズ 
伝わってく

それが狙って伝えられるのか

==============
デジハリ
安藤さん

WOMマーケティングの基礎
(会場は安くできますよ)

WOMマーケティングって何でしょう

マーケッターばかりではない
ある程度リテラシをあわせる必要あるよね

メタファーを利用する
柔術 誰も知らない

キャバクラ 誰も知らない
相手がまいったというまでやる柔道

コンテクストが必要

相手がわからないもの ダメ

なので、

WOMマーケティングハイスクール
学園生活をメタファーに

サービス提供者と顧客との関係

受け取る商品+顧客価値>コスト 大ヒット
=それなり
<ダメ

オーガニックWOM

誰も知らないであろう秘密
ユーザーの顧客価値が高い
(ニッパウ)

アンプリファイドWOM
増幅
信頼 忠誠心 一体感を感じているときに起こる


ニーズ
ウォンツ
シーズ

エンドユーザーのニーズ
ハブのニーズ
(クチコミを広めてくれる プロモーションパートナー)

ハブとなるもの
お金を出せばCMが打てた

プロモーションパートナー
お金じゃなく
クチコミを伝えることで満足感が得られれば

最速でネタを
名誉

報酬 金銭的も含めて

両者に顧客満足

WOMマーケティング

ピーキーレバレッジの効く手法
効果は安定しない いい結果もあれば炎上も

マスからセルへの変化
ターゲット セグメント ひとくくりのマス ターゲット

生物の細胞を相手にしている感じ

フック
素人でも口にしやすいネタを設計する必要がある

===
ターゲットは2方向に
ユーザーとプロモーションユーザー

異なるギャランティの概念
金銭ではない
名誉だったり楽しさだったり
そもそもギャラが出るなんて考えていない

1人の接触 大概一度きり

チャンスは一度
 パートナーは何度もプロモーションしていく
ユーザーも何度も見てくれない
書評などがいい例

=========
ターゲットユーザーのアプローチ

ウソのない自分をあらゆる手段を用いて露出

女性は一点

マスマーケティング
商品の魅力×宣伝

WOMマーケティング
商品の魅力×宣伝X顧客の価値

近江商人
三方よし
売り手 買い手 協力者 3者とも幸せになる

=============

リンクシンク 取締役
鵜川さん
ブログペット
2004年 ブログアクセサリ マスコットサービス ブログペット

ベタ辞典
2004年からコツコツ更新
困ったときのベタ辞典

WOMアプローチの手法
報酬提供
pay per post
商品プレゼント

体験の提供
ブロガーイベント

デジタルコンテンツ提供



お金を払って記事を書いてもらう方法
 商品やサービスについての記事化

サービス競争の激化
PVによるブロガーの選別

読者数による格付け
有名人
アルファブロガーリスト

ペイーパーポスト
メリット
ブロガーリーチ
定量の記事
バックリンク SEO効果

デメリット
誰が何を書くかわからない
本当に良いと思って書いてくれるとは限らない

果たしてWOMを生むのだろうか


商品プレゼント

応募の窓口 当選しました
商品提供 その商品の体験談を記事に

応募方法 応募フォームとトラックバックのやり方 特定キーワード書き込みすれば

商品提供しても 強制しないサービスもある

体験談まとめサイト
マックの体験談

お役立ちリンク 触ったことない人

商品プレゼント事例

数回ミーティング

参加者のブログにブログパーツ

メリット
 商品の体験談 生の声
直接的に新しい顧客を開拓できる可能性

街頭でお茶よりも

リピーターが生まれるかも

デメリット
モノが動く 送料
モノそのもののコスト
どういうことを書くかは予測できない

数が限られる場合が多いので有効なブロガーを探す必要がある

体験提供アプローチ
ブロガーイベント
製品やサービス発表会にブロガーを招待

イベント招待
イベント参加 記事化

映画の試写会 商品プレゼントに近いモデルも登場

ブロガーのみ集める場合 ブロガー発表会

メリット
参加したブロガーの反応
体験した情報を

デメリット
呼べる人数 距離 交通費
記事に取り上げてもらえるかわからない
どういうことが書かれるかわからない

アルファブロガーを招待すると言われているが
提供するサービスや製品の特性に合うブロガー

オムツ ゲームブロガーは?
===
バイラルムービー

コンテンツを提供しブロガーが参加
アフィリエイトでの配布モデルも登場

バイラルムービー 専門のサイト これから活発化

メリット
リッチコンテンツ 動画 深いPR
テレビCMなどでは無理な動画の配信が可能 セクシー バイオレンスの内容
テレビに比べて媒体費用が安価 サーバ代

デメリット
見てもらえるかどうかわからない
テレビCMと違い 何度も見せることが難しい
一期一会 一発勝負

ゴールの設定を明確化しないとバイラルムービー自体に意味がなくなってしまう
面白系にいってしまう
効果測定基準をどこに置くか


ブログパーツ
設置してもらう
記事化よりも場所をもらう
コンテンツを提供しブロガーが参加
アフィリエイトも存在

面白いと思えば、タグ設置 記事化

バイラルムービーと同じ 気づいてもらえないと貼ってもらえない 受動型

大小さまざま

FLASHベース

メリット
ブログのサイドバーに設置してもらえる
 記事とは違いインデクスから落ちることはない
ブログパーツ自体を広告媒体として使える

デメリット
初動の告知方法を別途持つ必要がある
設置してもらえるかどうかわからない

期間限定キャンペーン
契約が終わったあとのどのようなパーツがどこに使われているのかわからない

=========
ターゲットにあわせたプランニング
何をするかの明確化
 商品 サービスの認知 購買
サイトへのトラフィック

驚きや喜びが誰かに話したくなる原動力

自分が普段感じたことを大切に

漢検DSブログパーツ

===
2つ
鵜川さん
 ブログパーツ 告知の入り口 が難しい どうされたか

一部のブロガー対抗漢字検定 告知
小さな輪が

きっかけ
ゲームブログ の場

見ていないところから火がついた

100点満点 ケツから3番目
15人くらい

書いてくれたり 通常のマスPRを使っている
漢検DS ロケットカンパニー
漢字書けなくなっている というリリース
特ダネ系に検索

アドワーズ 公式サイトに誘導

マスの効果 初期の認知

====
SNS どのように考えているか

たぶん どういうゴール設定をするか
クチコミをどう定義するか

ブログのいいところ 検索エンジンに引っかかる 外せない効果

一方 クチコミ 会ったこともない人の記事 影響するのか

このゲーム面白い この人が褒めているから買うか?

身近な人がいいと言うから 響く

SNSの結びつきの強さがあれば 可能性がある

どっちというわけではない

両方狙うのがいい

===========
企業 決済 効果を数値に

ブログパーツ 
それ以外の手法 

どんなものを指標にしているのか
現時点 企業が決済の高いハードルを越える力 「とりあえずやっとけ」

シックスアパート
状況変わっていない

社風

ニッサン ナイキ
新しいツール 他がやる前にチャレンジ

そのままでは広がらない

広げればいいというわけではない

意味があれば
本当に意味があるのか

全員にとって意味があるのか
会社 ブランド

ある特定の人しか使えないものなのか

インフルエンサーの話
言葉として影響力 数値化できない
PV ユニークユーザー

本当の影響力ではない

=====
Jストリーム 

アソシエイトID
どれくらいの方がアソシエイトIDを

実際にどんな売り上げ効果があるのか

数値化

学んだこと

パーツ
漢字エリート

そんなにクリックエイドが高くなかった
ヒアリング
このテキストだと決済が走ると初心者が思う

自分たちは、押したところで決済が完了するわけではないというのがわかっている

リテラシーが高くない人は、自分のカード番号がわたって怖い

「商品情報を見る」にすればよかった 「漢字検定購入はこちら」だと心配される

ブロガー どれだけ貼り続けてもらえるのか

感覚値 
ブログペット 成長系は

遊び系 寿命が長い

プロモーションが流れる 一月くらいで変わる

貼り付けるのが面倒だと外すのも面倒

単発もの 一月か二月

====
漢字エリートって何だ
なんか出てきた
県ランク下がったよ
アフィもあるし貼り付けよう

====

炎上
怖い 本当はおいしいんじゃない

どうコントロールできるか

炎上はおいしくない

なぜ起こるか
本当にどれくらいダメージが与えられるのか

どれくらいの大きさか

勉強会 某家電メーカー ウォークマン
3日で閉鎖

翌月の売り上げランキング けっこう売れた

売り上げに関してはダメージなかった

炎上すら知らないし見ていないし

なんで起こるのか ウソをつく
やってはいけない 

おこっちゃった場合 どれくらいダメージがあるのか

防ぐには越したことない

ワーストケース
====
ミニブログ

写真共有サイト
twitter
影響力はそれなりにある
ビール飲みましょう 行動を起こす

相手に行動をおこしてもらう
新宿まで集まる それはすごい

ちゃんと読んでられない
うっとおしくて マスに対して影響力があるか

キャズムが超えられるか なんとなく難しいのでは

どれくらいの人を相手にしているのか

イノベーター アーリーアダプターだけで商品になりたつものもある
マスにいかないとダメなものもある

もっと大きな何千万人 モノを認知 売るといったときには

小さなエリア内
今広めたいもの まずそれが先

====
以上 とりとめもない自分用メモです。
お目汚し、すいません。